タグ:Melaleuca種 ( 4 ) タグの人気記事

ニアウリCT2

フトモモ科の精油(樹木)

ニアウリCT2
ニアウリ精油にはケモタイプ(化学種)としての分類があります
ニアウリCT2がこちらのネロリドールタイプですが
別名をオーストラリアンネロリーナと言う優しい名前があります

葉から水蒸気蒸留法で抽出されます

学名はニアウリとまったく同じなのに香りは全く違います。
リナロール中心だからでしょうか本当に優しい香りです。
なかなか扱いも無く扱いがあっても香りはまちまちなようです
ネロリドールやリナロール含有に左右されるようです

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

鎮静作用にすぐれるといわれます、またその効果はラベンダーの2倍とも
言われているそうです。
肌への浸透性も良く、入浴やクレンジングオイルなどに使用しています
ネロリタイプはネロリドールやリナロールを多く含むため、甘く優しい香りです
精油の専門書では男性ホルモン様作用があるという説もあります

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ネロリーナ精油と相性が良いといわれる精油
柑橘系やマジョラム・ミント・レモングラス・レモンマートル・レモンセントティーツリーなど
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

各精油に含まれる化学成分の詳しい効用は「精油の知識」をご参照ください
学名 Melaleuca quinquenerviaCT2
Melaleuca viridiflora CT2
科名 フトモモ科
抽出法 水蒸気蒸留法
抽出部位 葉
産地 オーストラリア・マダガスカル島
主要成分 ネロリドール・リナロール

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Copy Right GADGE「aromaのある生活」
[PR]

by eucalyoil | 2008-10-04 17:49 | 精油

ニアウリ

フトモモ科の精油(樹木系)

ニアウリCT1

ニアウリ精油にはケモタイプ(化学種)としての分類があります
ニアウリCT1=ケモタイプ(化学種)として分類されます。

ユーカリ・ティーツリー同様フトモモ科の植物ですが。
学名からも分かるようにティーツリーと同じメラレウカ種の樹木です

香は、ユーカリの様にすっきり爽快で、ドライな感じです。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

細菌に対する効果が高く古くから使われている精油です。

フランスでは強力な殺菌消毒剤として病院などで使用されました。
現在でも院内感染の予防にアロマを取り入れている病院では利用されているとも
聞きます。大変優れた殺菌作用でも知られメディカルアロマデも
よく登場します。ハウスキーピングにもお勧めの精油です

練り歯磨きやマウスウォッシュにも使われたりしているそうです。

日本ではマダガスカル島産やニューカレドニア産のニアウリオイルがメジャーな存在です
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

空気清浄作用・抗ウィルス作用・鎮咳作用・抗菌作用・抗真菌作用などで知られます

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ニアウリ精油と相性がよいと言われる精油

オレンジ・レモン・ライムラベンダー・カモマイルペパーミント・ローズマリー
・フェンネル・タイム・バジル・ユーカリ・パイン・マートル・ジュニパー・プティグレン

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
各精油に含まれる化学成分の詳しい効用は「精油の知識」をご参照ください
学名 Melaleuca quinquenerviaCT1
Melaleuca viridifloraCT1
科名 フトモモ科
抽出法 水蒸気蒸留法
抽出部位 葉
産地 オーストラリア・マダガスカル島
主要成分 1.8シネオール・αテルピネオール

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Copy Right GADGE「aromaのある生活」
[PR]

by eucalyoil | 2008-10-04 17:45 | 精油

ティートリー(ティーツリー)

フトモモ科の精油(樹木系)

ティートリー(ティーツリー)/Teatree oil

c0170610_17324668.jpg








フトモモ科の樹木で葉から水蒸気蒸留法で抽出されます
近年人気が沸騰し粗悪品などが多く出回りました

ISO基準が設けられ含有成分などにガイドラインがあります
医療の分野や化粧品産業でも多く利用されています

★グレードで分けられていることが多く
最高品質はウルティメートグレードと呼ばれることもあります。
入手はなかなか難しいと思います。

ウルティメートグレード精油のほうが
医療グレードよりもアロマテラピーとしての活用に適しているようです。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ユーカリと同じフトモモ科も植物ですが学名からも分かるように直系ではありませんので
学名は全く異なります
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

オーストラリアではユーカリ同様、万能オイルとして様々に活用されています。

傷・火傷・風邪・花粉症などその効果はたくさんあります。
風邪の季節や花粉症の季節にと
1年中大活躍のティーツリーオイルです。
芳香浴などで使用したり
ルームフレッシュナーを作ってみては?

ダニ駆除作用・抗炎症作用・抗菌作用・抗真菌作用・抗ウィルス作用・鎮静作用
などで知られます
特に、ショックを受けた時の鎮静作用で有名です

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ティーツリー精油と相性がよいといわれる精油

柑橘系とはほとんど合いますお好みを探してみては・・・
おすすめは、レモンカモマイルジャーマン
カモマイルローマン・ラベンダー
ゼラニウムクラリセージ・スイートマジョラム・フランキンセンスパチュリジンジャー
ペパーミント・バジルなどサイプレス・ユーカリ・ニアウリ
同じ系統なのでみんなおすすめ
特に、ラベンダーやユーカリとあわせるのが私はおすすめ・・

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

各精油に含まれる化学成分の詳しい効用は「精油の知識」をご参照ください
学名 Melaleuca alternifolia
科名 フトモモ科
抽出法 水蒸気蒸留法
抽出部位 葉
産地 オーストラリア・ジンバブエなど
主要成分 テルピネン4オール・γーテルピネン・1.8シネオール・
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Copy Right GADGE「aromaのある生活」
[PR]

by eucalyoil | 2008-10-04 17:33 | 精油

カユプテ

フトモモ科の精油(樹木系)

カユプテ

「白い木」という意味の精油です。
甘いハーブ調の染みとおるような香りと表現されます
ホワイトティーツリーなどとも呼ばれます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

特に、消毒などに使われ中国ではホームケアに利用されました。
呼吸器系の感染に効果があるといわれ
熱を伴う風邪に対する作用があります。
更年期障害の悩みなどにもおすすめ

抗炎症作用・去痰作用・抗菌作用・抗ウィルス作用などが知られます

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

カユプテ精油と相性が良いといわれる精油
アンジェリカ・クローブ・ゼラニウム・タイム・ナツメグ・ニアウリ
ローズ・ベルガモット・マートル・ラベンダー・ローズウッドなど

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

各精油に含まれる化学成分の詳しい効用は「精油の知識」をご参照ください
学名 Melaeuca leucadendron
科名 フトモモ科
抽出法 水蒸気蒸留法
抽出部位 葉
産地 オーストラリア・フィリピンなど
主要成分 ピネン・テルピネオール・リモネン

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Copy Right GADGE「aromaのある生活」
[PR]

by eucalyoil | 2008-10-04 17:27 | 精油