タグ:Leptospermum種 ( 3 ) タグの人気記事

マヌカ

フトモモ科の精油(樹木系)

マヌカ

葉から水蒸気蒸留法で抽出されます
ニュージーランドのティーツリーといわれますが
精油の成分構成は全く異なり香りも全く異なります

マヌカにはマヌカのよさ、ティーツリーにはティーツリーの良さがあると思います。
マヌカハニーなどが最近注目されています。

和名は御柳梅(ぎょりゅうばい)といわれまれに、鉢植えでお目にかかることもあります。
ピンク色のかわいい花が咲いていました。

香りの特徴は土のような香りがかなり強いけれど、
どこかで嗅いだ香りってずっと考えていて
思い出したのは小梅キャンディーにも似ている・・・(私)笹の葉の香り(夫)
決して、いい香りではないと思います・・ハッキリ言ってくさい?

我が家では息子が夏プールで水虫に感染したときに大活躍しました
強い抗真菌作用で1週間ほどで水虫も治ってしまった
うれしいエピソードがあります

殺菌成分を多く含んだ薬用蜂蜜『マヌカハニー』で有名な
マヌカの木から抽出されたエッセンシャルオイルです。マヌカの木自体は
ニュージーランドのほか
オーストラリア東海岸にも自生しますが、抽出される成分には大きなばらつきがあります

ニュージーランド北島・イーストケープで生産されるマヌカがその
土壌や環境、植物自体のケモタイプより最高品質とされています。
★一般に市販されているマヌカオイルはアーモンドオイルなどのキャリアオイルを利用して
マヌカオイルの濃度を10%程度に希釈したものが多いようです。原液を購入したいときは
よく調べて購入しましょう


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

高い殺菌力を持っていることから様々な活用法があります

胃潰瘍や胃がんの原因と言われるピロリ菌にも作用することや、
免疫力を高める作用があるのでマヌカハニーを
毎日健康のために摂取する人もいるそう
アレルギーを抑制する作用なども注目できます

マヌカ木は古くから先住民マオリ族によって種子、樹皮、葉などは生薬としても
大変利用され珍重されたそう。 
その抗菌作用はオーストラリア産ティーツリーオイルと比べ20~30倍の抗菌作用を持つ
とも言われて最近大変注目されています。(精油の成分構成が全く異なるので比較するものなのかは微妙)

ニュージーランドではアロマテラピーや皮膚疾患、呼吸器疾患など広域に用いられています。 
特にアトピー性皮膚炎などの消炎、消痒に作用するとして注目されているそうです

オイル自体にも高い殺菌効果や炎症を抑制する効果があるとされ、
品質の判断は主にこれらの効果をもたらすとされるトリケトンの含有量
(成分中の「Flavesone」と「Leptospermone」「Iso-Leptospermone」の
3種の合計値)が目安とされています

産地によりこの成分の含有量には幅がありますが
20%から30%が目安とされ、これが25%以上含まれるものが最高品質オイルに
分類されます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

一般的な作用
抗菌作用・香真菌作用・消臭作用・
とくにMRSAなどの殺菌によいといわれます

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

各精油に含まれる化学成分の詳しい効用は「精油の知識」をご参照ください
学名 Leptospermum scoparium
科名 フトモモ科
抽出法 水蒸気蒸留法
抽出部位 葉
産地 ニュージーランド・オーストラリアなど
主要成分 カリオフィレン・αピネン


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Copy Right GADGE「aromaのある生活」
[PR]

by eucalyoil | 2008-10-04 17:55 | 精油

レモンセントティーツリー

フトモモ科の精油(樹木系)

レモンセントティーツリー

レモンセントティーツリーとはオーストラリア原産のフトモモ科の植物で
その学名をLeptospermum petersonii といいます。
ティーツリー(Melaleuca alternifolia)とは同じフトモモ科の植物として近い
種類になりますが、
直接的に亜種となるものではないのだそうです。

「レモンのような香りのする」ティーツリーという意味です

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

虫除け効果があるシトロネラールやシトロネラール(アルデヒド類)はその成分量が
70%以上含まれるものが効果的だといわれます。
レモンセントティーツリーには約76%ほど含まれます。

手づくり虫除けなどでぜひ使ってみましょう

鎮静作用・筋肉痛をやわらげる作用なども期待できそうです

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

各精油に含まれる化学成分の詳しい効用は「精油の知識」をご参照ください
レモンセントティーツリーと相性が良いといわれる精油

ネロリーナ・ローズウッド・コリアンダー・シダーウッド・ジャスミン・ゼラニウム・ティツリー・ニアウリ
ネロリ・バジル・パルマローザ・ラベンダー・ローズマリー
学名 Leptospermum petersonii
科名 フトモモ科
抽出法 水蒸気蒸留法
抽出部位 葉
産地 オーストラリア
主要成分 シトラール・シトロネラール


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Copy Right GADGE「aromaのある生活」
[PR]

by eucalyoil | 2008-10-04 17:38 | 精油

ラベンダーティーツリー

ヒノキ科の精油(樹木系)

ラベンダーティーツリー

ティーツリーと同じメラルーカ種の木でありながらラベンダーと同じく
リナロールを豊富に含む成分構成のオイルが抽出されることから、
この名前がつきました。

ブレンド精油でラベンダーとティーツリーを混ぜたものがありますが
これとは全く異なります。購入の時には学名などで確認しましょう

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

刺激の少ない甘い香りはラベンダーの代用として
リラックスしたい場合に多用できます。
また、ローズオイルの香りの代用として香水作りなどに使用されることもあります。
ただし、単体としての香りはローズとはかなり異なる印象です。

オイルの成分はラベンダーと同様にリラックス効果のあるリナロールを多く含んでおり、
残り香に甘い香りがあるのが特徴です。
ユーカリオイルに多く含まれる1.8シネオールをティーツリーよりも多く含むことから
ユーカリのような香りも同時に含まれています。
アロマテラピーではラベンダーと同様に睡眠導入やリラックス効果が期待できるほか、
呼吸器系の感染症にも効果があるとされています(ティーツリーファームズ)より
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

各精油に含まれる化学成分の詳しい効用は「精油の知識」をご参照ください
ラベンダーティツリーと相性が良いといわれる精油
ティーツリー・レモンセントティーツリー
学名 Leptospermum petersonii
科名 フトモモ科
抽出法 水蒸気蒸留法
抽出部位 葉
産地 オーストラリア
主要成分 リナロール・1.8シネオール・αーピネン


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Copy Right GADGE「aromaのある生活」
[PR]

by eucalyoil | 2008-10-04 17:35 | 精油