タグ:花系 ( 7 ) タグの人気記事

ローズオットー・ローズアブソリュート

バラ科の精油(花系)

ローズオットー・ローズアブソリュート
c0170610_11401053.jpg






大変高価な精油です。「精油の女王」と言われます。高級な香水などに使われます。


ローズ精油には水蒸気蒸留法で得られるオットーと
溶剤抽出法で得られるアブソリュートの二つがあります。

抽出する花もアブソリュートは
Rosa centifolia Rosa damascenaなどから抽出し

ローズオットーはRosa damascenaから抽出します
ブルガリア産のものが有名です。

抽出法が異なるので成分もオットーとアブソリュートでは
若干違いがあります。

特に水蒸気蒸留法で抽出するオットーは
抽出の過程で水分に溶け出しやすいフェニルエチルアルコールという成分が
逃げてしまうためアブソリュートに比べて含有量は微量です。
この水蒸気蒸留法の過程で得られるフローラルウォーター(芳香蒸留水)には
精油の成分がわずかに残ります

★大変強い香りなので使用量にも注意しましょう
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ローズ精油と相性が良いといわれる精油

オレンジ・ベルガモットカモマイルジャーマン・カモマイルローマン
ジャスミン・ゼラニウム・ネロリ・・ラベンダークラリセージフランキンセンス
サンダルウッド・パチュ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

各精油に含まれる化学成分の詳しい効用は「精油の知識」をご参照ください
学名 Rosa centifolia Rosa damascena(ローズアブソリュート)
Rosa damascena(ローズオットー)
科名 バラ科
抽出法 有機溶剤抽出法(ローズアブソリュート)
水蒸気蒸留法(ローズオットー)
抽出部位 花
産地 ブルガリア・モロッコ
主要成分

ローズアブソリュート
ゲラニオール・シトロネロール・ネロール・フェニルエチルアルコール
ローズオキサイド・ダマセノン

ローズオットー
ゲラニオール・シトロネロール・ネロール・フェニルエチルアルコール・ダマスコン


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Copy Right GADGE「aromaのある生活」
[PR]

by eucalyoil | 2008-10-05 11:40 | 精油

カモミール・ジャーマン

キク科の精油(花系)

カモミールジャーマン(German Chamomile)

c0170610_11214659.jpg






かなり高価な精油です・・カモミールとは「地面のりんご」の意味です
精油の色は濃いBLUEで知られています。

日本ではカモマイルティーで知られています。

植物のお医者さんと言われ、
弱った植物の近くに植えると元気になることでも知られています

通常ハーブティーなどで使用されるカモミールはこのジャーマンです
新鮮でよいジャーマンのハーブティーは熱い湯を加えると
湯を注いだ瞬間にはブルーに見えます。

またカモミールローマンは多年草ですがジャーマンは1年草です
ジャーマンは写真のように1つの茎に数個の花をつけます

c0170610_11231970.jpg






::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

抗アレルギー作用、鎮痛作用などで知られます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

カモミールジャーマンと相性が良いといわれる精油

ベルガモット・レモンラベンダ・ネロリ・ジャスミン・ゼラニウム・ローズクラリセージ・
マジョラム・プティグレン・ローズウッドイランイラン・パチュリ

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

各精油に含まれる化学成分の詳しい効用は「精油の知識」をご参照ください
学名 Matricaria chamomilla
科名 キク科(1年草)
抽出法 水蒸気蒸留法
抽出部位 花
産地 ドイツ・フランス・ハンガリー
主要成分 ビサボロール誘導体・ビサボレン・カマズレン

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Copy Right GADGE「aromaのある生活」
[PR]

by eucalyoil | 2008-10-05 11:36 | 精油

ゼラニウム

フウロソウ科の精油(花系)

ゼラニウム

バラに似た香りを持つ成分を含有する
ゼラニウムの葉から抽出する精油です。
ローズ精油との共通成分である、ゲラニオールやシトロネロールなどを含むため
香りも似ています、そのためローズの代用として使用されることもあります

★きれいな花を咲かせますが、抽出部位は葉です。
香りはお花系の香りです。私は苦手・・・

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

月経関係の不調に効果があります。
スキンケアや虫よけ作用などもあります。ヘアケアにもおすすめ

★我が家では手作り化粧水、クリーム、寝ぐせ直しスプレーなどなど
 最近本当によく登場する精油です

★香りは私としては好みではありませんが、ほのかにバラのような
 ちょっと酸味がかったような香りです。←私の鼻ではこう感じます

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ゼラニウム精油と相性が良いといわれる精油
オレンジ・ベルガモット・ジャスミン・ラベンダー・バジル

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
各精油に含まれる化学成分の詳しい効用は「精油の知識」をご参照ください
学名 Pelargonium graveolens/Pelargonium odoratissimum
科名 フウロソウ科
抽出法 水蒸気蒸留法
抽出部位 葉
産地 レユニオン島・フランス・スペイン
主要成分 ゲラニオール・シトロネロール・リナロール・メントン


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Copy Right GADGE「aromaのある生活」
[PR]

by eucalyoil | 2008-10-05 11:34 | 精油

ジャスミン

モクセイ科の精油(花系)

ジャスミン
c0170610_1131329.jpg





大変高価な精油です。「花精油の王」と言われます。
ほとんどが高級な香水などに使われ、一部が精油になるということです。

「軽く陶酔させる甘く甘美な香り」と表現されたりします。

★非常に香りが強い精油です。高濃度の使用は頭痛や吐き気を催すこともあるので
濃度に十分注意し使用しましょう

ほとんどのジャスミンはアブソリュートといわれ、
は溶剤によって抽出しますので肌への使用は、パッチテストをすることをおすすめします。
大変強い香りなので使用量にも注意しましょう

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

香りの黄金率
イランイラン2・ジャスミン1サンダルウッド3
の割合でのブレンドが神秘的な香りとしても媚薬としても有名です。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

無気力・不安・悲壮感など情緒不安定の時などに効果を発揮し、
特にマタニティーブルーに効くといわれています。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ジャスミンと相性が良いといわれる精油
イランイラン・オレンジ・ベルガモット・ローズ・フランキンセンス・サンダルウッド

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

各精油に含まれる化学成分の詳しい効用は「精油の知識」をご参照ください
学名 Jasuminum officinale/Jasuminaum grandiflorum
科名 モクセイ科
抽出法 有機溶剤抽出法
抽出部位 花
産地 アルジェリア・モロッコ・エジプト
主要成分 酢酸ベンジル・酢酸フィティル・フィトール・cis-ジャスモン・ラクトン


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Copy Right GADGE「aromaのある生活」
[PR]

by eucalyoil | 2008-10-05 11:31 | 精油

カモミール・ローマン

キク科の精油(花系)

カモミールローマン(Roman Chamomile)

かなり高価な精油です。
アンゲリカ酸エステルが成分の75%以上を占める精油です

子供を守る精油として知られています。
甘いりんごのような香りがしカミツレなどの名前で知られています

芳香浴に使用するならジャーマンよりも、」こちらのほうが私は好きです。

心を落ち着かせて安眠させる・歯が生える痛みに効果的といわれます。

スキンケアやヘアケアにも広く使われます。
市販のシャンプーや化粧水にはローマンが使われることが多いようです
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

通経作用があるので妊娠初期の使用には注意が必要です
またジャーマンとは異なり1つの茎に1つの花が咲きます
多年草(二年草)でもあります
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;

カモミールローマンと相性が良いといわれる精油

ベルガモット・レモンラベンダ・ネロリ・ジャスミン・ゼラニウム・ローズクラリセージ・
マジョラム・プティグレン・ローズウッドイランイラン・パチュリ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

各精油に含まれる化学成分の詳しい効用は「精油の知識」をご参照ください
学名 Anthemis nobilis
科名 キク科
抽出法 水蒸気蒸留法
抽出部位 花
産地 フランス・アメリカ・モロッコ・アルゼンチン
主要成分 アンゲリカ酸エステル・カマズレン・

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Copy Right GADGE「aromaのある生活」
[PR]

by eucalyoil | 2008-10-05 11:26 | 精油

イランイラン

バンレイシ科の精油(花系)

イランイラン
c0170610_11174974.jpg






割と高価な精油です・・蒸留過程によりグレードが変わります
もちろん、グレードにより価格も香りも変わります。

「花の中の花」と言う意味のイランイランは南国を感じさせる香りです。
この香りは好き嫌いが大変はっきりする香で
好きな人は病みつきになる香りだそうですが、私はどうしても苦手です。

たまらなくすきって友人もいます。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

香りの黄金律として伝統的に使われているブレンド

イランイラン2・ジャスミン1サンダルウッド3

この香りのブレンドは神秘的な香りとしても媚薬としても有名です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

心をうきうきさせたり、
ストレスやイライラを静めてくれる香り。

イランイランの香りはとても強力です、過度に使うと頭痛や吐き気などに
襲われることも・・注意しましょう

★我が家では入浴のアロマバスで登場したり、ヘアケアやスキンケアに登場する精油です。

★好き嫌いが本当に分かれますが、講習会などをすると1番人気になったりします。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

イランイランと相性が良いといわれる精油
ベルガモット・レモン・ライム
オレンジカモマイル・ジャスミン・ラベンダー・ローズプティグレン・ローズウッド

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
各精油に含まれる化学成分の詳しい効用は「精油の知識」をご参照ください
学名 Cananga odorata
科名 バンレイシ科
抽出部位 花
抽出法 水蒸気蒸留法
産地 フィリピン・コモロ諸島・マダガスカル・セイシェル
主要成分 リナロール・ゲラ二オール・酢酸ベンジル・安息香酸メチル


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Copy Right GADGE「aromaのある生活」
[PR]

by eucalyoil | 2008-10-05 11:18 | 精油

ネロリ

ミカン科の精油(花系)

ネロリ
大変高価な精油です。柑橘系の精油ですが、ビターオレンジの花からとる精油です。
★和名は橙(だいだい)です。

花からはこのネロリ精油、葉からはプチグレン、果実からはビターオレンジの精油が取れます

いずれの香りもとてもいい香りです。甘すぎず大人の香りがします。
高級な香水などに使われます。ほとんどが香水として使われごく
少量が精油になると言われます

1000Kgの花から1kgの精油しか取れないことからも大変高価なことが分かります。
 
昔ヨーロッパの貴族達の間でおしゃれに手袋に柑橘系の香りをつけた香りつき手袋が大流行しました。イタリアのネロラ公国の公妃がこの香りの手袋をしたといわれています。

このネロリの精油を水蒸気蒸留法で抽出する際に副産物としてできる
フローラルウォーター(ネロリウォーター)は比較的安価で購入できます。
また化粧水の基材などに使用したりできるので便利です
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

一般的な作用
抗菌作用・抗真菌作用、スキンケア全般

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ネロリ精油と相性のよいといわれる精油

オレンジベルガモット柑橘系全般・ローズ・ゼラニウム・ジャスミン・
ラベンダー・フランキンセンス・イランイラン

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
各精油に含まれる化学成分の詳しい効用は「精油の知識」をご参照ください
学名 Citrus aurantium
科名 ミカン科
抽出法 水蒸気蒸留法
抽出部位 花
産地 イタリア・フランス・モロッコ
主要成分 ネロール・ネロリドール・酢酸リナリル・リナロール・リモネン


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


Copy Right GADGE「aromaのある生活」
[PR]

by eucalyoil | 2008-10-04 16:45 | 精油